家づくりはどこに依頼すればいい? 押さえておきたい、設計事務所、ハウスメーカー、工務店、それぞれのメリット・デメリット

家づくりはどこに依頼すればいい?

押さえておきたい、設計事務所、ハウスメーカー、工務店、それぞれのメリット・デメリット

家づくりには、大きな決断をしなければならないことがたくさんあります。

その大きな決断のうちの一つに、「家づくりをどこに依頼しようか」ということがあります。

それは、たとえ依頼先が素晴らしい技術を持っていたとしても、その依頼先の特徴や考え方をよく理解せずに決めると、

家づくりが進むにつれて、だんだんと「ここに頼んだのは失敗だったかも・・」と後悔の気持ちやストレスが積み重なってしまうことになるからです。

そこで、今回はどのようなポイントで依頼先を選定すればよいのか、そのコツをお伝えしたいと思います。

とりあえず、ここに相談してみよう」から「ここだから依頼をする」へ

一番大切なこと。

それは「イメージで依頼先を決めない」ということです。

たとえば「CMでよく見かける会社だから安心でしょ」というなんとなくのイメージで依頼先を決めてしまう方をよく見かけます。

他にもモデルハウスを見て、心が大きく揺れ動き「その場で決めてしまった」なんて話もよく聞ききます。

ですが、モデルハウスに並んでいる家を冷静に分析してみると、、、

実は、どれも一般的には考えられない大きな敷地の中で、豪華な装飾を施されている家ばかりであることがわかります。

つまり、モデルハウスは訪れたお客様の心を掴むことを第一に考えて作られていて、実際に全く同じグレードの家を建てるには、莫大は費用を要してしまうのです。

しかしこのことに気づかずに契約してしまうと、時間がたつにすれ、どんどん冷静になり後悔してしまいます。

自分の目を養うことからはじめよう

だからこそ「なぜ、その建築会社を選んだのか」その理由が明確になるまで、様々な情報に触れることが大切になります。

たとえばモデルハウスを訪れるにしても、ついつい舞い上がってしまう気持ちをグッとおさえて、まずはできるだけたくさんのモデルハウスを見て回り、自分の目や視点を養うことが大切です。

他にも、できるだけたくさんの情報に触れ、「この会社はこんな特徴があるな」「この設計事務所さんが作るデザインは自分好みかもしれないな」というふうに客観的に情報を集めながら、自分の視野を広げてみてください。

設計事務所、ハウスメーカー、工務店は、それぞれ家づくりに対するベクトルが大きく違う!?

その次に押さえていただきたいのは、家づくりを依頼する先は、大きくは4タイプあり、それぞれ全く違う特徴を持っているということです。

これから紹介する4タイプの違いをしっかりと理解すると、自分が家づくりに何を求めているのかも見えてくるでしょう。

実は、家を作るという行為は同じでも、設計事務所が作るのか、工務店が作るのか、それともハウスメーカーが作るのかで家づくりは大きく変わってきます。

それは、それぞれの家づくりに対するベクトルが全く変わってくるからです。

家という商品を販売するハウスメーカー

ハウスメーカーは、家を作るというよりも「家という商品」を販売しているという方が感覚的に近いでしょう。

テレビCMなどで「シャーウッド」など耳にすることがありませんか?あれはまさにシャーウッドという商品を広告しています。

このシャーウッドという商品の枠の中で、ある程度カスタマイズしながら家を組み立てていくことで家づくりをすることができます。

ですので、すでにある商品をお客様にあった形で提案するというのがハウスメーカーになります。

工法から考えるのが「工務店」

一方、工務店は、家づくりを施工の観点から考えます。

たとえば、お客様がこんなキッチンを作りたいという要望を出すと、「どんな材料」を使って「どんな工法」で作ろうか。という観点でプランを練り上げていきます。

日頃から現場で施工をするからこそ、持てる視野になります。

コンセプトから練り上げるのが「設計事務所」

最後に設計事務所。

設計事務所は、工務店ともハウスメーカーとも全く違う視点から家づくりを考えます。

まず考えることは、「どういった工法や技法、材料を使うか」ではなく、その家全体を貫くコンセプトです。

お客様のライフスタイルや要望を踏まえ、その家でお客様がどんな暮らしを楽しみたいのか、どんな空間に浸りたいのか、そこを起点にコンセプトやストーリーを作っていきます。

この段階では、それが実現可能か不可能は一旦横においておき着想を膨らませながら、最終的に実現可能なプランに落とし込んでいきます。

たとえば、キッチンを作る場合でも、キッチン単体でデザインやサイズを考えるのではなく、家全体を俯瞰して、そのコンセプトに沿った形でキッチンを作っていきます。

いかがでしょうか?

今回は、設計事務所、工務店、ハウスメーカー、それぞれの考え方をお届けさせていただきましたが、後編では、設計事務所、工務店、ハウスメーカー、それぞれのメリットデメリットを紹介しながら、それぞれ、どんな人に向いているのか、詳しく解説していきたいと思います。

| library

↑PAGETOP