『SE構法で作る大空間木造建築』

SE構法は、工学的な観点から開発された建築構法で、

たとえば、構造材を金物とドリフトピンという特殊な金属で接合することで、強度を段違いに引き上げることができ、

これまで木造が抱えていた弱点をカバーするなど、耐震に優れた強い木造建築を作ることができます。

さらに、通常の木造建築に比べて、木構造がシンプルになるため、

柱が遮ることのない大空間を作るなど、自由度の高い設計が可能になります。

| Contents & news

↑PAGETOP