「陽のあたる家」を作る上での注意点

「陽のあたる家にしたい」という要望をよくいただきますが、
そこには大きなデメリットもあります。

たとえば夏場は、

陽が入りすぎることで、暑くて住みにくくなったり、
夕日がレーザービームのように部屋の中に差し込み、
家の中にいることに辛さを感じるようになります。

そこでポイントになるのが、庇(ひさし)です。

この庇(ひさし)は、長さを調整することで、
夏は過度な光を避け、

逆に冬場は心地よい光が入るように設計することができます。

施主様のご要望を最大限、建築に反映させることは大切ですが、
そのためには、それによって生まれるデメリットを
極力削減できるような配慮も必要になるのです。

住めば住むほど我が家が好きになっていく、
そんな施主の人生に寄り添う家作りを
これからもしていければと思います。

| Contents & news

↑PAGETOP