良いデザインとは、「総和」ではなく「調和」

「センスのよい家」とはどんな家でしょうか?

服のコーディネートで考えてみてください。

「一つ一つのデザインはステキだけど、
組み合わせがちょっと…」

こんな風に感じた経験はありませんか?

家のデザインも同じです。

デザインにおいて最も大事なことは、
それぞれのパーツの『総和』ではなく、
家全体から見た時の『調和』です。

依頼主がその家に住んだ時、
心地よさを感じられるか、
家全体を俯瞰して統一感のある
デザインを作っていきます。

特に大切なのは、色使い。

長く住んでも飽きがこず、
心地よさを感じていただくため、
使用する色の数はあえて抑えます。

たまに「色使いを多くし、家を明るくしたい」
という要望をいただくことがあります。

ですが、実際に色使いの多い家に依頼主が住まれた後に、
後悔されるケースが、建築業界には多くあります。

これらのことを踏まえた上で、施主様のご要望に耳を傾けながら、
施主様にとって本当にベストな提案をいたします。

そして、後悔のない家づくりを一緒に描いていくことを心がけています。

| Contents & news

↑PAGETOP