1人1人の人生をオーダーメイドするような感覚で家を作る

 
「建築事務所で家を作ると何がいいの?」
という質問をよくいただきます。
 
通常、ハウスメーカーに依頼すると、
 
「ユニットバスはこれ」
「ダイニングキッチはこれ」
「キッチンはこれ」
 
というように、
 
ある程度決められた枠組みやルールの中から
好きなものを選んで、その組み合わせで家を作っていきます。
 
 
それに対して、建築事務所は、
施主様の価値観や住み心地を最優先に考え、
ゼロベースで全てを構築していきます。
 
そのため描く図面は、数十枚にも及びます。
 
 
ですので、施主さんの細かい好みやライフスタイルに
完全に寄り添ったオーダーメイドの家を作ることが可能です。
 
 
たとえば、オーダーメイドのスーツは、
自分の肩幅、背丈、太ももや腕の太さなど
全ての部分が自分の体型にフィットしていて、
 
綺麗なシルエットを実現すると同時に
着心地や動きやすさまで全てが自分専用に作られます。
 
この感覚が一番近いと思います。
 
 
もし、縦長の狭い敷地に家を立てなければならないとき、
ハウスメーカーで依頼をすれば、
既存の枠組みの中から選ぶ必要があるので、
ある程度の妥協が必要になります。
 
狭い敷地のなかに無理をしながら、
様々な要素を詰め込んで行くので、
少し窮屈になってしまいます。
 
 
しかし、設計事務所は、ゼロベースから考えるので、
アイディアに制限がなく、その縦長の敷地の利点を生かした、
住み心地の良い開放感溢れるデザインを作り上げることが可能となります。
 
 
また、住まわれる方のお身体が不自由だった場合、
その方が家の中をスムーズに移動できるように、
細部にまで工夫を凝らせることも可能ですし、
和風やモダン、ウッド調などスタイルも選びません。
 
 
ですから建築事務所は、
住まう方のすべての「こうしたい」を
実現するためにあるとも言えます。
 
 
あなたも、
 
「世界でたった1つの自分のためだけに作られた、最高に住み心地の良い家」
 
を手に入れませんか?
 
 
 

| Contents & news

↑PAGETOP