「こうあるべき」より「こうありたい」に寄り添う建築を

一般住宅での常識が、必ずしも全てがそのまま、
依頼主の家に当てはまるとは限りません。

一番大切なことは、常識に沿って設計することではなく、
そこに住む人の価値観や周辺の住環境を考慮し、
住人の心地よさを第一に考え、家づくりを行うこと。

ですから、そのために時には常識という枠から
一歩踏み出して考える必要もあります。

たとえば、プライベート空間を作るために、
玄関を表ではなく奥に配置したり、
時には、キッチンの対面をダイニングではなくリビングに配置したり。

通常の建売住宅では見られないような設計を行うこともあります。

世間の「こうあるべき」という既存の価値観に囚われず、

これからも、施主の「こうありたい」に寄り添う設計を
心がけていきたいと思います。

  

 

| Contents & news

↑PAGETOP